お墓について
ribbon

よくあるトラブル

お盆やお彼岸などになると、多くの人が墓参りに出かける光景がTVや新聞などで紹介されます。
お墓は、私たちの先祖が祀られている場所です。
今生と来生を結ぶものと位置づけられていて、お盆などには先祖様が戻ってくる場所ということから、大事に守られるわけです。
そうしたお墓ですが、以前から自分の家のお墓がキチンとある人はともかく、新しくお墓を手に入れたいと思っている人は、いくつか注意しておかなくてはならない点があります。
それを知っておかなければ、後々、トラブルの素になりかねません。
(続きを読む...)

未分類 | 12月04日更新
ribbon

永代使用料とは?

先祖を祀っている場所といって、まず頭に浮かぶのは「お墓」だと思います。
現在の日本では、お墓と言うと、「○○霊苑」などと名付けられた墓地に墓石が整然と並んでいる光景が、すぐに浮かぶと思います。
しかし、こうしたスタイルが一般的になったのは、まだ、それほど昔ではなく、明治時代以降でした。
今の地方で残されているところもありますが、江戸時代などは、例えば、屋敷の敷地の一角に墓石を置いたり、山の中に埋めたりしていました。
しかし現在は、法律によって『墳墓(ふんぼ)を設けるために、墓地として都道府県知事の許可を受けた区域』とキチンと定められていて、勝手にお墓を造ることはできません。
つまり、新しくお墓を造りたいと思った人は、墓苑などの敷地を手に入れる必要があるということになります。
(続きを読む...)

未分類 | 12月04日更新
ribbon

墓地を相続する

車で郊外などを走っている時に、整然と並んでいる墓石を見かけたことがある人も少なくないのではないでしょうか。
そうした墓石を置いてある場所は「墓地」と呼ばれ、場所など法律でキチンと定められています。
そうした墓地に、私たちが「お墓の購入する」という時は、一般的に墓石のお金だけでなく、墓地の「永代使用権」を借りる費用も含まれます。
そうして手に入れる「永代使用権」ですが、例えば、墓を管理する親族がいなくなるなどして、跡を継ぐことができなくなった時には契約は消滅してしまい、権利は、その墓石がある墓地・霊園側に戻されます。
つまり、お墓の管理を相続するということは、自分達の一族が眠る場所を守るということになり、そのために大切なのは、「墓の相続」ということになります。
(続きを読む...)

未分類 | 12月04日更新
ribbon

お墓の管理

欧米のように、例えば、家族みんながキリスト教であるといったように、日本では明確に自分の家の宗教を持っている人はあまり多くはありません。
しかし、例え無信仰の家であったとしても、折に触れて、先祖が眠る「お墓」に参るという人はたくさんいます。
何故ならお墓は、家族の伝統を重ねた「終(つい)の棲家(すみか)」だからです。
お墓に眠る先祖によって、今の私たちが生まれたのですから、遠いご先祖さまを供養し、そして、未来にむかって家族の絆を深めるのは、しごく当然のことと言えます。
(続きを読む...)

未分類 | 12月04日更新
ribbon

購入の際の注意点

お盆やお彼岸になると、多くの人が先祖を祀っている「お墓」に参る姿がTVや新聞などで報道されます。
そもそもお墓とは、後に残された人が故人を偲ぶことを目的として遺骨や遺体を収める場所のことを言います。
お墓は、日本はもちろん世界各国にありますが、お墓の形態はお国柄が出て、それぞれで異なっています。
日本では、基本的に1家族で1つのお墓を建てることが普通です。
そして、そのお墓権利と護る義務を直系の子孫が受け継いでいきます。
しかし最近では、都心部に住む人が多くなったこともあり、田舎にあったお墓を都会の『マンション型』などの新しい形式のお墓に移すようなことも起こっています。
しかし、いずれにしましても、お墓を持つということは、墓石+永大供養権を合わせると、かなりの額になるため、購入する際には注意が必要です。
(続きを読む...)

未分類 | 12月04日更新
ribbon

値段の相場

小さな頃、夏休みに田舎に帰省すると、お爺ちゃんやお婆ちゃんなどに連れられて、お墓参りに行かされた人も多いのではないでしょうか。
そもそもお墓とは、故人を偲ぶために、遺骨などを収めてお祀りする場所のことを「お墓」と呼びます。
墓造りは、縄文時代から行われていたようで、また、死者を祀るという行為は洋の東西を問わずに行われています。
ただし、お墓の形態は各国で異なっていますが、現在の日本では、1家族で1つのお墓を建てるのが主流となっています。
直系の子孫が、お墓の権利と義務を受け継いでいくのですが、近年は、都会暮らしの人が増えてきたために、こうした形式に捕らわれないお墓もいろいろと誕生するようになっています。
(続きを読む...)

未分類 | 12月04日更新
ribbon

契約形態の種類

祖先や親などを祀っている「お墓」ですが、現在のスタイルは、地方自治体が設けた「公園墓地」などが主流となっています。
また最近では、都市部で土地を確保することが難しくなっていることなどもあって、建物の中にロッカー型の霊廟を設ける『マンション型』などと呼ばれる墓地も見られるようになってきています。
そうしたお墓ですが、実は埋葬も含めて昭和23年に制定された「墓埋法(墓地、埋葬等に関する法律)」という法律に従って造られています。
同法では、お墓や埋葬について細かく定められていて、公営霊園・民営霊園・寺院墓地など形態を問わず、全てのお墓に適用されます。
(続きを読む...)

未分類 | 12月04日更新
ribbon

お墓の分類

お盆やお彼岸になると、多くの人が墓参りする光景がTVや新聞などで紹介されます。
その訪れる「お墓」ですが、先祖を祀り、供養する場として、古代から造られてきました。
しかし、明治時代に入って、都市化が進み、また人口も増加したことなどにより、それまで空き地や山などに造られていた墓は、公園墓地などに姿を変えました。
そして今では、一部の田舎を除けば、基本的に公園墓地にお墓が設けられることが多くなっています。
(続きを読む...)

未分類 | 12月04日更新
ribbon

お墓の歴史

家の近所、あるいは地域内に「古墳」があるところに住んでいる人も多いと思います。
古墳は、3世紀後半〜7世紀前半に造られた、主にその地方の権力者を祀った古い墓です。
これで分かるように「お墓」の歴史は古く、古代の遺跡から発掘された跡を研究し結果、すでに縄文時代から造られていたことが分かっています。
もちろん当時は、今のようなお墓とは違い、遺骸はそのまま、あるいは瓶のようなものに入れられて埋められていました。
しかも、どうやら死者を恐れ、蘇らないように埋めたようだと考えられています。
(続きを読む...)

未分類 | 12月04日更新
ribbon

お墓を持つ前に

高齢化が進む日本。
年齢を重ねた両親や自分もいつまでも元気であって欲しいと願うのは当然ですが、いつかは誰もが、この世を去ることになります。
あまり直視したいことではありませんが、その『いつか』に向けた準備も必要です。
その代表的なものの1つが「お墓」の準備です。
実は、日本は限られた国土しかないことに加えて、家の近くにお墓を造ることに抵抗がある人が多いため、新しく墓地などを設けることが難しくなっているという現状があります。
そうした事情を踏まえて、お墓を持つ前にいくつか考えておかなくポイントがあります。
(続きを読む...)

未分類 | 12月04日更新